波長変換 太陽電池の開発 - 河野勝泰

太陽電池の開発 波長変換 河野勝泰

Add: xecab70 - Date: 2020-11-23 10:29:02 - Views: 8 - Clicks: 6789

9 シリコンフォトニックスの研究・開発 電子工学科 木村忠正 教授 一色秀夫 助教授 10 カルコゲナイドガラスの赤外線用光学素子としての開発 電子工学科 河野勝泰 教授 11 波長変換型集光板を装備した太陽電池システムの開発 電子工学科 河野勝泰 教授. 2 「波長変換」とは. 1 オールシリコンタンデム太陽電池. シリコン材料・デバイス) C-11-11 希土類錯体添加 EVA 薄膜を利用した波長変換太陽電池 C-11-10 V 形配列を持つ a-Si 太陽電池による変換効率の向上. 第1講 希土類/色素ドープ蛍光体波長変換太陽電池の実際と耐久性向上 河野 勝泰(電気通信大学) 第2講 太陽電池効率向上と長寿命化を実現する紫外可視変換材料の開発 辻内 裕(秋田大学) 第3講 量子切断波長変換の基礎と開発動向. 太陽電池特性評価、光測定、太陽熱利用: 詳細: 丸尾容子 教授: 触媒、二酸化炭素リサイクル、化学センサ: 加藤善大 准教授: 耐食材料、電極材料、触媒: 田倉哲也 講師: 磁気応用工学、ワイヤレス給電、応用生体工学: 詳細. 10: ページ数: 106, 7p: 大きさ: 26cm: ISBN:: NCID: BB※クリックで. ★高効率化太陽電池部材を開発される方々にとって必聴!。イプロスものづくりでは技術セミナーなどもの技術情報を多数掲載.

「波長変換方式」太陽電池の実際. はじめに 太陽電池及び部材各種の最新動向 1. 高度機能性材料及びこれに関連する科学技術分野における研究及びそれに必要な国際交流への助成等」を 目的とした財団法人. Rent and save from the world&39;s largest eBookstore. 9 シリコンフォトニックスの研究・開発 電子工学科 木村 忠正 10 カルコゲナイドガラスの赤外線用光学素子としての開発 電子工学科 河野 勝泰 11 波長変換型集光板を装備した太陽電池システムの開発 電子工学科 河野 勝泰. 河野 勝泰 (電気通信大学). 2 太陽電池発電システム開発に関するロードマップ; 3 太陽光発電の技術課題; 4 量子ドットの発展小史; 第2章 高効率太陽電池を作成するための材料・技術.

c-11-5 球状太陽電池電源モジュールの開発(c-11. 研究者「河野 勝泰」の詳細情報です。j-global 科学技術総合リンクセンターは研究者、文献、特許などの情報をつなぐことで、異分野の知や意外な発見などを支援する新しいサービスです。. レビューが見つかりませんでした。 書誌情報. 希土類錯体を使って、通常の太陽電池では利用されていない太陽光の短波長の光を希土類イオンに吸収させた後、長波長で発光させ(波長変換効果)、電池への入射光をその分光感度に適合させることによって全体として従来の太陽電池の変換効率を上げる方法がこの研究の基礎概念である。この. 波長変換シートの設計と応用事例 5. タイトル: 波長変換太陽電池の開発: 著者: 河野勝泰 著: 著者標目: 河野, 勝泰:.

波長変換太陽電池の開発 河野勝泰 著. 4 多結晶化合物薄膜太陽電池 2. 昭和シェル石油 15:15 118p-E301-4 Lift-off法適用により作製した両面受光-軽量型 Cu(In,Ga)Se 2 太陽電池の性能評価 〇西村 昂人, 濱田 尚澄1, 井上 幹也1, 河野 悠1,. 5 高効率多接合太陽電池. 第6項 ato透明導電膜の製造と開発、および太陽電池. 河野 勝泰 科野 裕克. 原理と構成 4.

実用化への展望とまとめ 5-1 長寿命化・信頼性向上への課題. 研究成果最適展開支援プログラム a-stepは、社会経済や科学技術の発展、国民生活の向上に寄与するため、大学や公的研究機関等の優れた研究成果の実用化を通じた、イノベーションの効率的・効果的創出を目的とした技術移転事業です。. 1 太陽電池の種類 2. 非線形光波長変換の新たな可能性を追求 非線形光波長変換の途中過程で人為的に自在に位相操作することで、非線形光波長変換を自由にデザインすることができます。この新しい技術を応用することで非線形光波長変換の新しい可能性を探求します。. 太陽電池高効率化に向けた波長変換の特性と長寿命化 3.

グローバルニッチトップ™とエリアニッチトップ™で 次のイノベーションを生み出すNittoグループのオフィシャルサイト. 2 シリコン量子ドットを用いた太陽電池 2. Affiliation (Current):電気通信大学,大学院情報理工学研究科,助教, Research Field:Science and Engineering,電子デバイス・機器工学, Keywords:希土類,波長変換,宇宙,太陽電池,ゾルーゲル法,TCRA,超微粒子,フッ化物,宇宙用,ゾル-ゲル法, 波長変換 太陽電池の開発 - 河野勝泰 of Research Projects:2, of Research Products:0. 1 希土類・色素ドープ蛍光体波長変換膜 河野勝泰; 1. 蛍光体ドープ無反射(AR)膜による波長変換太陽電池の変換効率向上 : 材料の劣化防止および効率向上のために (特集 「波長変換材料」および「光電気変換材料」の開発とその可能性) 河野 勝泰 Material stage 12(12), 40-46, -03. 波長変換太陽電池の開発: 著作者等: 河野 勝泰: 書名ヨミ: ハチョウ ヘンカン タイヨウ デンチ ノ カイハツ: 書名別名: Hacho henkan taiyo denchi no kaihatsu: 出版元: 情報機構: 刊行年月:. 「波長変換方式」太陽電池の実際 4-1 原理と構成 4-2 波長変換の機構解析と無反射(ar)膜の重要性 4-3 蛍光体薄膜と太陽電池の波長整合 4-4 各種太陽電池への応用と変換効率向上の結果 5.

3 有機ポリマーの紫外線による劣化と対策 1. 書籍名: 波長変換. 1 太陽光発電技術開発ロードマップpv+と第三世代太陽電池 2.

ゾルーゲル法を利用した太陽電池用波長変換フィルムへの応用. 太陽電池の市場動向 2. 希土類含有量子切断波長変換材料 物体からの熱輻射スペクトルの狭帯域化 有機分子を用いた光のアップコンバージョン ~太陽電池・光触媒向け波長変換技術として~ 電気通信大学 (株)ADEKA 京都大学 京都大学 東京工業大学. 4 変換効率向上の結果 1. 2 蛍光体薄膜と太陽電池の波長整合 1. 5 おわりに 2 ゾル-ゲル法を利用した太陽電池用波長変換フィルムへの応用(福田武司) 2. レビュー - レビューを書く. 色素増感太陽電池はこれまでの太陽電池と比べて,低コストで環境に優しいといった特徴から次世代型太陽電池として期待されている.当社ではこれまでその実用化を目指し,開発した高耐久性dscモジュールを屋外で実際に動作させたときの長期耐久性や.

· 河野勝泰教授(電気通信大学) 蛍光体(希土類イオンや色素など)の波長変換効果を利用して,太陽光の分光感度を太陽電池の分光 感度に合わせることによって,変換効率を上げる方法をお見せします.. 所属 (過去の研究課題情報に基づく):電気通信大学,電気通信学部,教授, 研究分野:理工系,エネルギー学一般・原子力学,電力工学・電気機器工学,電子デバイス・機器工学,電子材料工学, キーワード:太陽電池,希土類,ESR,シンチレーター,フッ化物,放射線,CeF_3,放射線検出,単結晶成長,Scintillator. Get Textbooks on Google Play.

太陽電池の効率40%に上げる技術、京大と大阪ガスが開発京都大学と大阪ガスは年12月24日、熱を特定の波長の光に変換できる技術を開発したと発表した。太陽電池が効率よく発電できる波長の光にも変換でき、太陽光発電の発電効率が高まるという。一般的な太陽電池は、効率よく電気に. 情報機構,. 2 結晶系Si太陽電池 2. 太陽電池の開発動向 2. 3 薄膜Si系太陽電池 2. Read, highlight, and take notes, across web, tablet, and phone.

河野 勝泰 電気通信大学 電子工学科の論文や著者との関連性. 情報機構,. 有機-無機ハイブリッド蛍光体による波長変換フィルム開発と信頼性・耐久性向上 2節 太陽電池封止EVAフィルムの開発・機能向上技術. ハチョウ ヘンカン タイヨウ デンチ ノ カイハツ. 2 希土類利用太陽電池の原理と構造 ここで提案する太陽電池は、希土類の吸収から発光へ の量子効率の高い波長変換特性を利用し、太陽電池の分 光感度の低い波長を高い長波長領域に変換させ、変換効 率を向上させることをコンセプトとしている4。.

波長変換 太陽電池の開発 - 河野勝泰

email: abiriba@gmail.com - phone:(726) 192-7492 x 8147

一期一会感謝一筋半生記 - 山本清子 - 岡野あつこ 離婚を選びますか

-> 金管7重奏 道化のカプリス/江原大介
-> 腰痛・膝痛は21日間で治る! - 酒井慎太郎

波長変換 太陽電池の開発 - 河野勝泰 - 黄昏の彼方 アンドル


Sitemap 1

脳卒中ナビゲーター - 田中耕太郎 - 禁断の告白セレクション禁忌の情欲編